アトムチェーンが集客代行をやらない理由

 

自分たちが作ったチラシがSNSでつながっている方の手元に届いている、というのは不思議な感じがします。私たち本部でもチラシづくりをお手伝いすることはありますが、それはあくまでお手伝いの範ちゅう。最近はチラシ配布代行も始めていますが、これも全面依存しないで自分たちの手の内で運用してもらいたいのですよね。

 

そうしないとせっかく築き上げたお店とお客様との関係がこぼれ落ちてしまうから。

 

 

中には「集客はこちらで代行するので、その分本業に集中して下さい」という提案をするグループやコンサルもあるようです。それは魅力的に聞こえますが、果たして乗ってしまって良いものでしょうか?

 

「集客を代行してもらい、自分たちは仕事に集中する」は正しい?

集客と云うのはつまるところ、お客様との人間関係です。地域店が人間関係を外すと、本業として何が残るんだろう?という気がします。実際、そこから来るご新規客さんとの関係が長続きせず、結局は手詰まり感から抜けられないお店の話を耳にすることもあります。

 

とは言っても1つのお店を1人何役もこなしながら回しているのが地域店。何かしら人の手を借りなきゃいけない状況は付きまとうのは確かなので、先に何があっても外注しない部分を決めることが大切。

 

私たち本部はそれはお店の中の人とお客様(+お客様になりたい人)との関係作りに関わる部分だと考えています。安易に顧客名簿を預かろうとしないし、本部で管理しようとはしません。そこは絶対守って欲しい部分であるので。

 

だからデザインは任せても、自分なりのメッセージは自分で考える、とか、本業の部分で効率を上げられる工具を使う、とか、コアな部分は守りつつ、効率化を進められるといいですね。

このブログを書いた人

メオマサユキ

「アトムのメオマサさん」で長く公式アメブロ「町の電器屋さんの小さな販促実践委員会」を担当。㈱アトムチェーン本部入社→経理担当3年→ 加盟店相談員 兼 公式ブログ5年→店舗開発担当1年→2018年から物流部長。これからどーすんのか、本人も分かってない?