お客様が顔出しNGの時に試したいモザイク以外の方法

お店のセールイベントなどの賑やかな様子を写真を撮って、後日ニュースレターやブログでご紹介すると、来れなかった方にも雰囲気を感じてもらうことが出来ます。最近はそうやって写真でお客様との交流を楽しまれるお店様も増えています。ですが中には顔は出したくないお客様もいらっしゃいますよね。

 

そうした時にモザイク加工することで了解を得る場合がありますが、私自身、人の顔にモザイク加工する感じがどうにも苦手で・・・という個人的嗜好はどうでもいいのですが、お客様の顔にモザイクを掛けた状態で出すのも何とも勿体ない、そう思いませんか?

「スキあらば販促」と考えてみよう

モザイクを掛けるとどうしてもそちらが気になって、本当に伝えたい全体の雰囲気や賑やかさが伝わりにくくなります。お客様も撮る時は「モザイク掛けられる前提」で写ってないですから、その画像を加工すると何となく雰囲気が削がれるんですね。だったらこんな風にしてみるのはどうでしょう?

本部のOさんに協力してもらいました

 

思い付きではあるのでもう少し練った方が良いものが出来そうですが、こんな感じです。顔を出さない代わりに「この店親切よ~!」と少しだけ広告に協力してもらおう、という企みですね(笑)お客様にもこの状況を楽しんで頂いて、ポーズなどとってもらえるとより楽しんでいただけそうです。

 

実際に撮させてもらうと、こちらのブログのトップ画面のように賑やかな様子が伝わりますよ。

このブログを書いた人

メオマサユキ

「アトムのメオマサさん」で長く公式アメブロ「町の電器屋さんの小さな販促実践委員会」を担当。㈱アトムチェーン本部入社→経理担当3年→ 加盟店相談員 兼 公式ブログ5年→店舗開発担当1年→2018年から物流部長。これからどーすんのか、本人も分かってない?